最近ズシンときた言葉:その2

またズシンくる機会があったので備忘録。

【誰にでもできる事に価値はない】
real-value-of-network-marketing
http://www.barlowmccarthy.com/blog/am-i-adding-value/#lightbox/0/
何社も渡り歩いているスタートアップの方からの言葉。
『誰にでもできる事ってつまんないじゃないですか。自分にしかできないからこそ、やっぱり楽しいんじゃないですか。
だから誰にでもできるように仕組みさえ創ってしまって、僕は次の新しいものに進むんです。』
なるほど!改めて”価値”という言葉を考えさせられる良い機会となった。
今自分が行っている仕事が自分しかできない事か、と言われると完全にNOだと思う。
寧ろ他人が行った方が価値が上がるんじゃないか?なんて思う事もしばしば。なのでズシンきた。
法人営業の場合だと『自分でなければ受注できなかったかどうか』のイシューに対して明確なYESな解があった時、
自分の法人営業としての価値があったといえるんじゃないかなー。
なので本当に価値のある法人営業って単にトップセールスである事ではなく、
『自分だからこそ受注できて』トップセールスになった法人営業を指しているんだと思う。
だからこそ価値を高めるために勝負にこだわるのはもちろん(これは②にリンクするけど)、
そのプロセスとプロセスの中にあるディテールにこだわらなければならないと理解しました。
※Valueの画像を探してたら医療系の経営コンサルに辿り着いたなう。

【勝つ人と勝負をする】
im_okada1
http://www.team-japan-nyc-soccer.org/teamjapan/2011/05/「サッカー日本代表前監督」岡田武史様から応援/
『世界と勝負したいんです。なので勝負しても勝てる力をつけます。』
なーんて甘っちょろい事を某統括部長に話した時に頂いた言葉。自分で発しながらも本当に甘っちょろいと思う!
間をおいた後に言葉を選びながら『勝つ人と勝負をしないとね。』の言葉がズシン。
自分の中では『勝ち癖のついている人と一緒に仕事をして勝ち方を身につけないと。
勝ち癖のついていない、勝ち方もまだ分からない様な人と一緒にいても、仕事をする価値はないよね。』と理解しました。
孫さんの勝ち方も非常に勉強にはなっているけれども、もう少し身近なところで勝ち癖のついている人と
一緒に仕事をする機会は少なかったんじゃないかなと思った。
逆に自分が勝ち癖がついているかというと、4.5年の社会人生活において特段勝ちまくっている訳でもないし。
※社会人4年生で経験した渋い連敗は冗談抜きにして酷かったし辛かったなあ。その経験があるから負けなくなったけども。

最近経験の絶対量が少ないのかな?と感じる時がしばしばあるんだけれども、その中でも勝ちの経験量が少ない?
と感じているので尚更ズシンとくる言葉でした。いつも価値ある言葉を頂き感謝。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

BusinessValuable Word

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください