旅日記8:ブルガリアでヨーグルトを食べてお腹撃沈

だいぶ溜まってきたけども、負けじとアップデートしていこうと思う。

ギリシャ国鉄の臨時バスでAM7:30テッサロニキ発、PM14;00にブルガリアは首都ソフィアに着。
まず一言目。くっっっそさぶい!
気温は日中でも1〜2度くらいで氷点下ではないし、雪も無く風も無くで過ごしやすいと言えば過ごしやすいんだけども、
肌に突き刺さる様な寒さ、これに慣れていないもんで本当に寒い!

ソフィアで有名なホステル、ホステルモステルにバックパックを預けて2泊程。
ここのホステルは色んなバックパッカーに聞いたけど世界のホステルの中でも、トップクラスというかトップの快適さ。
まずメシ。普通のホステルは『どうぞ勝手に作ってください』式だけど、ここは朝と夜メシつき。
しかも夜はビールつき(笑)特段まずいわけでもなく、美味しく頂きました。
あとは世界中からのバックパッカーが来るもんだから、えらい情報交換ができる。
丁度ソフィアは東欧の中継地としては鉄道もバスもすごい便利なハブとなってるので、
ギリシャに向かう人、トルコに向かう人、マケドニア、セルビア、ルーマニア、、、とみんなさまざま。
毎日日本人もいてびっくりした。まあ日本人同士固まってるのはどうかと思うけど(笑)

IMG_2543

チェコ以来の旧共産国。円状の都市になっていて目抜き通りに旧共産党本部がドカンとあり、まさに力の象徴がそこにはあった。
おそらく1930年〜1955年頃につくられたスターリン様式建築、共産主義の中での革命を表現し国民を鼓舞するために、
民主主義への対抗の意味も含めて、象徴的建築をつくったと思われる。

IMG_2554

そしてやっぱりヨーグルト!
ヨーグルトは250mlくらいのサイズで約70円!めちゃくちゃ安いし、バラエティありまくり!食べたヨーグルトは実際美味しかった!
スーパーのチーズとヨーグルトのケースは肉売場の約2倍のスペース(笑)びっくり!
鯉まるまる1匹約700円、、、これもびっくり。。。魚は内陸国だから鯉と鮭がほとんど。
あとはギリシャではあまり見かけなかったのが2つ、
1つ目は日本系の調味料。キッコーマンを見た時はちょっとほっこり。値段はやっぱり高かったけども。
2つ目はお惣菜。なんでギリシャはお惣菜なかったんだろう?こっちでは肉料理とポテト料理メインに惣菜コーナーもあり、安く美味しかった。
ギリシャに比べてだいぶ物価も安く、かなりセーブして過ごす事ができました。

happy
http://www.happy.bg/en/home.html
日本食レストランが3店舗程ぶらぶらしてたら見つけたんだけど、
その内の1店舗はどうやらブルガリアのファミレス会社が日本食レストランも経営しているみたい。
どうやってノウハウを学んだんだろう??すごい気になる。
TripAdvisorとかで調べてもソフィア1位の日本食みたいで、どうやったらそんな人気になるんだろう?と疑問。
確かに日本経営の会社が海外進出、ってのはよくあるけど、現地の力ある会社が新しい日本食を出店ってのは聞いた事無いし。
ドイツ・オランダあたり行った時も、めっちゃ胡散臭い日本食レストランチェーンあったけど、それもなのかな。。。わからない。
ただイタリア料理、フランス料理と並んで、『日本料理』というタイプがブルガリアにはある事は理解できました。
折角なら日本勢にもがんばってほしい限り!

まあそれはさておき、大量のヨーグルトで一発で下痢になりました。正露丸生活です。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

Trip

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください