セブ生活その1:GeniusEnglishに入学したのに(泣)

仙台からピーチを使って70分で関空へ。
そして関空からセブパシフィックを使って5時間でマニラへ。
んでもってセブパシをトランスファーして1時間かけてようやくセブへ。丸一日かけてセブへ。

早朝着だったので仮眠の後に換金と買い物を済ませて、ゆっくりして終了。
IMG_3518
宿はコンドミニアムで1人にしてはちょっと無駄に広いけど結構リラックスできます。
んでもって学生は100ペソ(230円)で隣接ホテルのプールで泳ぎ放題、
海でも泳ぎたい放題なので、休日はゆっくり泳いで過ごせそうです。
近くの島で丸一日釣りやバーベキューしても渡航費+メシ+釣り具+BBQセットで
2000ペソもしないので、テスト終わったらふらっと行こうと思う。

【エージェントによるほろ苦い出だし】
今回の滞在ではビジネス英語を6時間ワンツーマン+2時間グループのコースを選んだんだけど、
実際行ってみたら4時間ワンツーマン+2時間グループのコースで登録されていた。
絶対ミスしたら嫌だしエージェントには2回リマインドメールでコースに間違いないか確認してたので、エージェントに背景を説明。
そしたらエージェントと学校間に伝わっている認識に齟齬があったことを説明されたんだけど、
6時間コースに2時間分追加するために200ドル程学校に払って欲しいとの事。
エージェントの言い分としては、学校のミスである事と時間が過ぎてしまった事、
んでもって負担する程利益はないので半分までしか負担できないとの事。どんな利益率で商売してんだよ(笑)

さすがに払いたくないので先生に相談し、エージェントで半分、学校で半分払ってもらう事になったけど、何とも苦いスタートとなりました。

※OZ留学サポートデスク(株式会社BARIKI総研)というエージェントだけど、
GeniusEnglishを扱ってるところがここしか見当たらなかったのでお願いしました。
ただ今回の一件の対応も酷かったけど、メールでのやり取りでも十分酷かった
(誤字脱字・対応遅延・見積依頼してもベタ打ちのみ・説明超不十分、、、法人営業してた身からするとありえない!)ので、
これから留学する人はあんまりオススメできないかな。扱ってるなら他エージェントにお願いしたかった!
※他のエージェントは◎なところは◎でした。エージェント比較サイトとかあればいいのに(笑)

【神ご飯に出会う】
丁度シェフが体調不良で休みという事もあり、ロシア人のオーナーがメシを作ってくれたんだけど、、、
IMG_3523
これはまだOKなご飯な神パスタ。なぜならパスタは失敗してもなんとかなるから(笑)

あまりに神すぎて写真撮るのを忘れてしまったんだけど、お昼ご飯に醤油いためリゾット?が出てきた時は天を仰いだ。
要はねちゃねちゃなご飯に醤油とペッパーをかけて軽く炒めてはい終了、なご飯(笑)
『日本人は固いご飯好きだけど私たちはリゾットみたいにするのよねー』と。ほーほー。でも具は入れようよ(笑)
その他、神サンドイッチ(間にチーズ1枚のみ)、神パスタ(ゆで過ぎなうどん)、無味スープ、、、などなど。
早くシェフが戻ってきてくれるのを願うばかり。。。

【先生の質は◎!】
丁度2013年に開校したばかりという事もあり、他校から高めの給料でピックアップした先生たちのよう。
FELLA2など他校で学んできた子曰く、教えるのがうまいし、ネイティブとじっくり話せるし、質は断然◎との事。
まだ大きな実感はないけれども、自分の先生はイギリス出身2名、フィリピン出身4名、
生徒の人数が少ない分、じっくりみんなと話せてゴリゴリ聞きまくれるので自分にはフィットしてるなーと思います。
IELTSライティングとビジネスボキャブラリーとビジネスライティングとビジネス、、、と授業はてんこ盛り。
更に各先生がおもいきし宿題くれるので(自分から要求しちゃったんだけど)、授業後も先生に聞きながら宿題宿題、予習。。。
平日は遊ぶ余裕があまりないってのがよーく分かった(笑)なんとか効率を上げねば。平日夜も2時間は泳ぎたい。。。

一気にロシアの子たちと韓国の子たちが卒業しちゃって、今は生徒数も少ないけれど、
来週から更にロシア&サウジアラビア&スペインから来るみたいなので、一気に国際色豊かに。面白そう!
まずはだいぶエージェントとメシには凹みましたが、こっからがスタートです。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

EnglishPhilippine

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください