セブ生活その3:一旦帰国と2週間の振り返り

お国の書類手続を行うために一旦帰国。
たった30分の手続きのためにハイパー機会損失!と思う所もあるけれど、他にもやることが沢山あったので無問題!

さて2週間程度滞在して感じた、あることないことを書いていきたいと思います。

【言語学習って赤ちゃんの成長に似ている??】
魔法のように言語が話せるなんてまずありえなかった。かなり期待してたけど(笑)
赤ちゃんが幾つかの単語が話せるようになって、その後ちょっとした単語が繋がるようになって、
ようやく会話が成り立つようになって、、、って結構近い感覚かと思いました。
まだ自分は2歳児程度の語学力だけど、こっからペース上げないとなー、と。

で、どのように成長させていくかと言うと、『大量にインプットして大量にアウトプット』するに尽きると思う。
英語圏の赤ちゃんなら成長のペースに合わせて学習すりゃいいんだけど、今回は大人の語学学習なので。時間がない!
特にアウトプットが本当に大事。インプットは正直授業でいっぱい(汗)
アウトプットは予習復習・次の授業もそうだけど、授業後と授業のない土日で如何にアウトプットするかだと思う。
特にスピーキングとリスニングのアウトプット。
如何せん1週間のうち土日だけで3割近く占めているので、ここを有意義に使うか否かで結構違うんじゃないかなー。
そういう意味では、日本人だらけ若しくは母国語厳禁ルールのない学校だと、アウトプットの機会が一気に減るかもしれない。。。
なので今の学校はアウトプットの環境はいい感じ。フィリピン・ロシア・スペイン・日本(自分)の
みんな第二言語が英語なみんなでワイワイしてるんだけど、ここを残りの期間もっと充実させると習得も早くなりそう!

【と言っても結構な英語恐怖症】
何だろう。この2週間でめちゃくちゃチキンになりました(笑)
学んだ事を活かそうと思っていざ話すと、、、『エー、、、』となってしまう。
またワーーーっと話されると、そのペースに合わせなきゃと思い、『エー、、、』となってしまう。
特に発音と前置詞!よく注意される部分でもあるので、考えながら話しちゃう。『あれonだっけ?atだっけ?』
そして会話がストップ。最悪(泣)!
という経験を重ねてしまい、ちょっくら英語恐怖症に。みんなハチャメチャな英語(特にスペインから来てるファビオとパウロ!)なのに、
なぜか躊躇してしまうようになってしまった。なので、ハチャメチャにワーと話すのでもいいんだけど、
自分はどんな時でも『ゆっっっくり』話すように心がけるようになりました。まじでおじいちゃん(笑)

【伝えたい事を伝えられるようになる】
138970118885189392227
学校のネイティブはみんなイングランド出身で、ネイティブクラスは基本イギリス英語を学ぶ授業なんだけど、
学校によってはアメリカ、オーストラリア、、、と雑多な国籍みたい。(FELLA2のネイティブはハワイ出身らしい・・・)
で、ネイティブのネイティブってどこの国だよって答えがないもんだから、
ネイティブ同士で『いや、これうちの国じゃ使わないけど、それ教えちゃうの?』みたいな事も学校によっては起こるらしい。
でも『相手に意思疎通すること』が言語の目的だと思うので、しっかりと相手に伝われば何の問題もないんじゃない?と。
で、伝え方も超シンプルにするとなお◎なんじゃないかと感じています。
こないだの本田圭佑のミラン入団会見なんてまさにそう。I’ve never met Samurai(笑)
自分の言葉でシンプルに問いに対して答えてる、あれこそ僕が求めている英語力だなーと思ってます。そこまで持っていきたい!

スペインの2人とはかなり仲良くなり、スペイン人から見たフィリピンも興味深く、
また何度も侵略に遭った国だからか雑多な文化・言語・宗教が入り交じった国である事も理解しました。
photo photo
あんまり日本人には知られていない事かと思うので、次回はその辺を書いてみようと思います。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

EnglishPhilippine

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください