シンガポール生活その14:新居物件探し

あー高かった(笑)新居決めを備忘録がてら。新居に移る背景は本当にシンプルで、

1)次の目標にもちゃんと向かえるように
家で誰にも邪魔されずに資格の勉強ができるような部屋

2)健康的で規則正しい生活をつくれるように
ちょっとプールでおもいきし泳いだり、キッチンで思いきし日本食つくったりできる部屋
※自分で作ったメシの方がうまくてヘルシーだって事がこの1年でわかった(笑)

3)奥さんが来ても快適に暮らせるように
フライングだけども、虫が出ないよう管理が行き届いていて清潔な部屋

でPropertyGuruという日本でいるとこのSUMOみたいな一番ポピュラーなサイトで探したんだけど、まあ高い(笑)
・会社がオフィス街中心部なので今同様そこからドアドア20分以内
・月額2500SGD(22万円くらい)以下
・MRT(地下鉄)から徒歩5分以内
・スーパーから徒歩5分以内
・築10年以内
・・・って絞っていったら本当に無くって(笑)でもFarrerPark周辺に5階建てくらいのミニコンドミニアムがポコポコ建っている事が分かって早速エージェントに内覧のお願いをWeb上から問合せ。

連絡すると携帯に連絡が入り、指定の日時で内覧する、そんな感じ。
IMG_5615

IMG_5643

IMG_5625

実際はじめ2件見てみて1件良かったので値引き交渉もしてコンファームしたんだけど、
急にエージェントから『コンファームしたけどやっぱりダメ』という訳の分からない事を言われてしまいキャンセルに。
どうやらエージェントは顧客を溜めて条件良い人と契約するので、自分の様な値下げ要求とか引越し日までの期間が長かったりすると、
例えコンファームしてもデポジットを払う手前ならあっさり『やっぱダメー』と言っちゃうみたい。

ただこのキャンセルのお陰で追加2件見る事ができて、しかもエージェントからも逆提案されて『PropertyGuruにも載せてない良物件あるけど見ない?』と言われたとこが超ドンピシャだったため内覧後3時間であっさりコンファーム。(写真は載せてないです)
エージェントがオーナーの代わりに大部分をマネージしている事もあって、値引きの前に『これボトムの値段だからもう無理だけど、ここなら安いと思わない?』みたいにオススメされて。
そういったマーケットに出ていない物件もエージェントによっては抱えてたり、エージェントの中にもパートナーのエージェントとグループになって仕事してたり(保有案件多い)、とかとか勉強になりました。まだまだシンガポールも繋がり商売多いんだなーと。

冒頭の資格の勉強ってのはGMATなんですけど、もう仕事で英語使ってるのに1問目からちんぷんかんぷんで、まじで悶絶。でもこれくらいできないと(ネイティブに気を遣わせないで会話できるくらいじゃないと)勿論ここでは生きていけないので、コツコツやるしかないです。最近UKとかオランダとかドイツとか、欧州の会社と仕事したりもし始めたので、語学の勉強と仕事での経験をミックスしてうまく身につけられればと思ってます。

それより何より今月末から新居に移るのですが、今度は引っ越し蕎麦をシンガポールで如何に美味しく作るか、ちょっと調べてみようと思います。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

Singapore

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください