米系企業で働き始めてシリーズ:5日目の出来事

泳ぎまくってスッキリして11時には寝ちゃったので、朝は久しぶりにスッキリした感じで目覚める。

【雑務ミッション】
リーダーも急に他チームから振られたのか、朝からキャッチアップと言いつつ、なんだか今日急ぎやらなきゃいけない事をチームに提示。
で、『ここんところ手伝ってくれない?』と言われ急遽オーストラリアの主要機関・企業の一部に軽く電話を入れる事になる。
いや全然いいんだけど、オーストラリアの英語かなりきついだろうなーと思いながらOKする。。。

【案の定聞き取れない】
今までオーストラリアの人とあまり話したことが殆ど無かったから分からなかった、、、何とも口が開きっぱなしのような発音が全然分からなかった。
とはいえ色んな人がいるので、名前を聞いてインド系や中華系の方だとまだ聞き慣れている(インド系はインド程では全然ない!)ので良かったけど、
本当になまっている人は正直全然わからず確認しながら電話で話さなければならず、かなり苦戦。全く問題なく話せているアイルランドの同僚が羨ましかった。。。

【リーダーとのランチ】
オーストラリア時間に合わせて急ぎ対応しなければならず、2時までバタバタ。遅めのランチがてら最近できたラーメン屋でご飯。
にしても最近シンガポールは全然ラーメン屋の出店がなかったので、久々に新しい店で食べたかも。まあまあだったので良かった。
30分でサクッと食べて直ぐにデスクに戻る。マーケティングにレポートを出してまずはミッション終了。。。

【MBOの設定】
今月が年度末締めなので設定ないかなと思ったら、残り2週間の設定が提示される。面白かったのが、あくまで100%達成することが前提で125%、その上を目指すことが前提の目標設定だった事。
あとは100%の時はインセンティブいくら、125%の時はインセンティブいくら、とどれだけやればどれだけのバックがあるか明確だった事。
リアルに電卓叩きながらやったのは新鮮でした。そして評価が青天井なのを改めて感じたタイミングでした。

【日本の謎文化】
リーダーから『なんで上司が帰る前に帰ったらいけないの?』といつもの質問にあうけれど、自分も帰れない意味がよくわからないので回答はしなかった。
冗談交じりに『お前が帰るまでは全員残るから早く帰って』なんて言われるけれど、逆に『今日はいつもより長めにいるわ』と自分が返すと
『頼むから家に帰ってゆっくりさせてくれ(笑)』なんてアイルランドの同僚が言い始める。もはや日本の会社文化はネタ化しつつある。。。

バタバタしながら頭が疲れたので、7時半に退社してリフレッシュがてら剣道へ。
だいぶカンが戻りつつあるし、平日も行きやすくなったので週2で通ってリハビリしたいところ。そして疲れて爆睡。。。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

EnglishSingapore

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください