米系企業で働き始めてシリーズ:7日目の出来事

前日深夜まで色々調べものしてたのが響いて起きるのがギリギリになる。でもチームで最も早くオフィス着。

【ひたすらeラーニング】
色んな動画は見てきたものの、疲れてくる。確かにプロダクトについては徐々に理解できてきたけど、次のフェーズの動画が見当たらない。。。いわゆるラフってやつ。
ワークフローとか技術仕様とかマニュアルとか、この辺まで仕事をする上で不要と言えどもしっかり読まないとしっくり来ない。
次はもう少し突っ込んだフェーズが必要そう。

【マーケティング会社とランチ】
一部アウトソーシングしているマーケティング会社とランチ。メールとか話では聞いていた人たちなので、ようやく会ったって感じ。
各世界のリージョンにオフィスを構えて横断的にやってるみたい。そういう会社とじゃないと今の会社も本社で契約しないんだろうな。。。
相手のマネージャーが韓国出身だったので、折角なので韓国料理屋へ。シンガポールで若くして部下抱えてマネージャーやるなんて凄いなあ。

【唯一の日本人スタッフと議論】
来週の日本とのやり取りについて議論。お互いの共通認識も洗い出したけど不十分な事がありすぎて、ちょっとスタートしづらい状況。
とにかく若くて技術に明るくて本当に優秀。インター出身なので英語はネイティブレベルだし、どう振る舞ったらいいかとか学ぶ事が沢山ある。
会社の中で人という意味では今の所恵まれている感じがする、いわゆる”私のスコープじゃないから助けない”的な箱型ポリシーが今の所ないし、あったとしてもリーダーとボスが助けてくれそう。

【マーケティングとコーヒータイム】
なんだかんだで金曜日はちょっとみんな緩い感じがして、案の定マーケティングのスタッフと1階のコーヒーショップでリラックスする。
ちなみにボスからも3時くらいに『今日5時半から1階で飲む?』みたいなことも(笑)というかその時間帯になると会社のスタッフが1階のバーにうじゃうじゃ。。。
他のフロアにもアメリカ・UK・ドイツあたりの会社がいくつか入ってるので、そこだけえらいウェスタンな空間になるのが面白い。

【課題の洗い出しとレポート】
このフル1週間で分かったのは全然会社の仕組みができていない事と必要なものが揃っていない事。
早速日本の自分の対面の方にレポートした所、同じ課題認識で詰めていこうと話す。うーんどこがボトルネックで進んでいないのかよく分からない。
来月のキックオフで各メンバーと細かいとこまでじっくり話そうと思う。じゃないと自分の首を絞める事になるし会社に対しパフォームできない。

にしても自分は日本のITマーケットに明るく日本語ネイティブなので採用されたけど、これは今の会社の売り上げに日本マーケットが貢献しているからであって、
でもってその日本マーケットを賑やかにさせたのは(日本を賑やかにさせたのは)自分より上の世代であって、そこは上の世代に感謝しなきゃいけないとこだと思う。
上の世代が自分の雇用を作ってくれたというか。この感じ方はなかなか日本にいても感じれないので貴重かもしれない。

6時半に退社して明治屋で日本食を買って家路に着く。本当にあっという間の1週間だったなあ。。。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

EnglishSingapore

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください