米系企業で働き始めてシリーズ:15日目の出来事

日本でトレーニングが朝9時からあるとの事で、朝8時ウェブ会議接続に向けて早起き。6時半にむくりと起きるも周りはまだ真っ暗。

【トレーニング漬け】
ウェブ会議越しにひたすらトレーニング。3月からFY17が始まることもあり、日本のトップからもメッセージがあった。
APAC域内の中でも中国と並んで売上に大きく貢献しているけれども、売上商材、顧客傾向、どれも他国の構成とは異なり独特で、
日本のマーケットがやっぱり全然異なる事を数字で理解する。独特だろうと求められる期待値は一緒、今年も半端ないターゲットのよう。。。

【ホーカーでランチ】
頭が午前中でパンパンになりながらも半分終了。ホーカーながら行列ができている店があるとの事で中華系のラーメン?何とも言えないけどオイリーな汁なしラーメン。
美味しいといえば美味しいんだけど、ちょっと油がかなり自分にはキツく、かなり胃がもたれた感じ。ホーカー飯はチャーハンとかが限界かも。
日本人同僚の前職の話を色々聞いたりする、、、自分より経験年数が少ないながらも仕事はスムーズ、英語は流暢。本当にすごい。

【技術力の高さ】
トレーニングの午後の部が始まる。日本のベストプラクティスを聞いてて感じたのが、セールスの技術知識の高さだったと思う。
多分ざっくりな要件定義とざっくりな提案設計ぐらいはできるんじゃないか、くらいのレベル。詳細はエンジニア・アーキテクトが詰めるにしても。
通信企業だと営業は一部のネットワーク系出身を除いて本当にいる意味あるの?なポジションで、技術レベルは低かっただけに今回はびっくりした。これマジで共通言語で話せるようにドライブしなきゃ。

【とにかく多彩なバックグラウンド】
日本も技術知識の高さの背景には結構前職までの会社でたくさん経験している背景が大きいのかな、と思う。
日本はまだよくわからないけど、APACだとオラクル、IBM、VM、、、他にはマイクロソフト、アマゾン、グーグル、、、あとSAP、セールスフォースのようなもっと上のレイヤー、、、
自分のような通信業界出身はまだ1人も聞いた事がないけど、とにかくITという意味では同じだけど生まれや育ちや文化など背景同様にぐちゃぐちゃなのが面白い。

”明日はテストだけどリラックスして臨んでねー”と気楽な感じでマネージャーからアドバイスをもらう。分かるんだけど今は試用期間だから油断禁物。
とにかく頭が疲れてしまったので、6時半には退社。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

EnglishSingapore

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください