2016年もうすぐおしまいなので・・・

※写真はこないだフランス帰りの同僚がくれたフォアグラの缶詰。初めてまともにフォアグラ食ったけど、、、美味しい!あとはマラソンとホーチミンの市場。

ここ3週間ドドドっと過ぎてしまった。4日はスタンダードチャータードマラソンに出場して42キロ完走、11日は剣道昇段審査で中学ぶりに昇段して3段へ、先週末はホーチミンにバケーションがてら滞在、、、ってとにかく詰め込んでしまった結果、とにかくバタバタな3週間だった。

会社はもうクリスマスで脳ミソ停止モード。大ボスも昨日”夜パリに向かうから後よろしくねー、次会うのは1月9日かなー”と午後4時ぐらいにサクッと帰ってしまい、新ボスもクリスマスからバリで家族をアイルランドから呼んで長期滞在、他の周りのメンバーもここぞとばかりに皆シンガポールを離れてバカンスへ。ハロウィン、クリスマス、ニューイヤー、旧正月、、、って連続してみんなプライベートが忙しくなかなか稼働しない(笑)

あれ?仕事は?と言うと、アラインメント(標準化)で舵をようやく、本当ようやくグッと切れる事になった。APACの標準オペレーションになかなか変化できず適用できなかったのがAPACで唯一日本だったけど、ようやく次のステップへ。3月からプロジェクトがスタートして、1Qでチーム立上げ、2Qで課題明確化、3Qで証拠発見とレポート、4Qでアライン合意、と1行にシンプルに書けたけども、色々あったな〜とつくづく。

1)価値・判断基準
オペレーションの標準化を適用するためにどうやったら理解してくれるだろうか、単に標準化するだけではマーケティングは一度苦汁を味わうのは想定範囲なので、どうやってその苦しい部分まで理解してくれるだろうか、とか考えたりしたけども、会社の1組織である以上は、”顧客に貢献できるか”、”会社に貢献できるか”、もう少しブレークダウンすると”プロセス上で引き渡し先となるビジネス開発やセールスなど周辺組織に貢献できるか”、この辺の答えをしっかり説明すると理解もスムーズなんだなと感じた。当たり前の事なんだろうけど、目の前のKPIに全てをフォーカスしている人達は本当にKPIしか見ていないので(それで給与と雇用継続かどうかが決まるので)、ちゃんと全体を理解してもらうって意味でもみんな同じ方向を向いているんだって意味でも大事だなーと。

2)ボスの交渉の上手さ
アメリカ人のボスの交渉が本当に勉強になった。しっかりと一度相手の主張を受け止めて、相手への理解とリスペクトをしてから、自身の主張をする流れだったけども、この相手への理解とリスペクトの部分については過剰な程に相手をベタ褒めしていた。そりゃあ気分も良くなってイエスって言いたくなるわと(笑)ボスに限らずだけど、特にアメリカの人たちはネガティブなシチュエーションの場合、最初に良い事をしっかりと伝えて(というか褒めて)、その後にネガティブな事、実際に伝えたい事を伝える傾向があるのかなというのが経験の中で感じる。根本はアメリカと日本の教育の違いなのかな?日本の様に褒められて育ってきていない、褒められる事に慣れていない人たちは、尚更気持ち良くなると思う。という感じで自分も過去を振り返ると褒められて気持ち良くなって”Sure thing!”なんてお願いを快諾してたりしてたなしかし(笑)これは本当に盗んでやろうと思った。

東芝の不正会計まで行かずとも、善い事と悪い事がそもそもどっちがどっちかマヒしている組織とプロセスをきれいにできたってのは、今後もアラインメントの価値ある経験として履歴書にも書けそう。
年明けのアラインメントの次の課題はもう見えてきているけれど、それ以外にもB2Bマーケティングのセミナーとか本を読んで感じるのは、既にそういった所でオープンになってしまっている既成のマネ(フォロー)をしながら自分の環境でも改善をドライブしているので、新しい事というより基本中の基本をやってるだけのような気がして、ミーハー感が全然ない。なので、日本発でAPAC、会社の世界全体に”なるほどねー”な新しいものを来年はつくりたいなと思う。そこまでできたら、ろくろ回して記事にでもなるのかな(笑)丁度こないだの日経新聞の夕刊にソフトバンクから輩出された各分野での起業家が計7人紹介されているのを見たんだけど、7人中3人は同期。彼らの活躍をただ眺めるだけでなく、自分もシンガポールでなんとか泥まみれなりながら生きてますよーという発信の意味でも、ろくろの目標は面白いかもしれない(笑)

さて、これから2週間のバケーションにて羽田に向けてフライト。”君の名は”とスターウォーズ見て寝るか!

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

BusinessSingapore

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください