札幌へ、そしてまた次のステージへ

1週間がサクッと終わった。いやもう本当にサクッと。近々ジョインしてくるメンバーのための準備、そのメンバーらと深夜までワイワイ、バケーションで来ている本社メンバーとワイワイ、札幌出張、、、あんまり自分自身の仕事に手をつけられなかったな…なので色んな催促の連絡が入っている、結構入っている。土日でなんとか整理しなきゃ。

札幌は夜に到着してみたら12度しかなく、Tシャツに薄いジャケットと裸足でスリッポンな自分には寒すぎた(笑)美味しい寿司、ジンギスカン、ラーメン、スープカレー、相変わらずご飯がうますぎる。。。札幌では地元の企業を回ってみたけど、まだまだ認知度すら低く、まずはこの1年間、3年後のために草の根運動をする必要を感じた。東名阪でマーケットの80%以上占めるだろうけど、とはいえ残りの20%もしっかりリーチしなければ直ぐに足元すくわれる。

これから自分のロールは1人でやってたけど、一気に4人チームになる。各会社で立ち上げを経験してきたエースが入ってくる、みんな抜群の結果を出してきてる人たちなので早くビルドアップできるように、この1ヶ月はそっちに時間投資するタイミング。今年度のはじめにつくった1年のアクションプランで優先順位2や3だった部分が一気にできるようになるし、これであと半年みんなでやれば数字のVertical Growthはイケる、必ずイケるはず!逆にこれで2年目と3年目の戦い方を改めて考えながら、どう組織をつくるべきかも急いで考えなければならなくなった。今年度は1人から4人、来年度は4人から8人、再来年度は8人から16人くらいの組織にしないと、到底Fast Growthできなそうな気がする。基本200%増。となると今年度あと2人くらいはゴリっと予算とりに行った方が、来年度以降楽になりそう。

採用って本当に難しく、日本在住で英語が話せる人だけでもだいぶふるいにかかちゃうのに、更に立ち上げフェーズ、IT、ハイタッチ(社長と交渉してサインしてもらう)、イベントピッチなどの経験、トップセールスなど大きな結果、会社のカルチャーフィット、価値観、、、って本当にいないし、ベストな人はそもそも市場に出回らないからリファラルを中心としたハンティングになる。むしろこの半年で感じるのは、ポコポコ足りない点があったとしても、それを補うための、情熱(どんな世界を一緒につくりたいか、どんな生き方をしたいか)、胆力(マイナスな状況でも這い上がれるか)、柔軟さ(高速な改善を回せるか)、の方がずっと大事だと感じている。自分なんかボッコボコ穴だらけだけど、シンガポールでだいぶゴキブリのごとく胆力鍛えられたから、なんとかまだ生きている(笑)どこの会社も全条件を満たす人のみ探して時間をかけて組織を大きくするか、ボコボコはちょっとあるけどハイペースで組織を大きくするか、ジレンマをどう乗り越えるのか貴重な経験をしている。

次のステージまで会社も自分の組織も進めた事が素直に嬉しいけど、まだまだ今年度も半年あまり。来週は100人の前で登壇、再来週は300人の前で登壇、もっともっと日本で共感してもらえるような企業や人を増やせるように、止まってる時間はないなぁ。の前に人前に出るんだから、お腹が目立たないような体づくりが第一優先かな。。。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

BusinessTokyo

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください