ここ1年の振り返り①普段の仕事とか

だいぶご無沙汰になってしまった(笑)この1年は人生で一番カオスだったんじゃないかと思うんだけど、そろそろ振り返ってみたいと思う。

○Playing ManagerからPeople Managerへの変化の1年
Salesの場合は自分が顧客を担当しない、人事サイクルに関わる所を自分が責任をもつ、のが大きく変わった点だけど、色々と試行錯誤しながらの1年だったと思う。どうやったらモチーベートできるか、どうやったらより理解して行動するか、どうやったら改善できるか、、、人をどうやって動かすか、そのために普段からどう言い合える関係を構築するか、自分の言葉が徐々に重くなっていった1年。。。それは組織の外でもスピーカーとして話す機会や顧客のエグゼクティブと会話する時もよくあったのでそうだけど、組織の中でも1つ1つの言葉をより選んで伝えないといけなくなった。自分の1つの言葉で相手を更に飛躍させるきっかけになる事もあれば、傷つける事にもなる、コミュニケーションの難しさを学んだ1年。

○買収→融合→統合の1年
なかなかできない経験だったけど、1年がカオスになったきっかけにもなったと思う(笑)買収をきっかけに退職者が増えたり(そして退職する人に限ってエースばかり…)、オペレーションがカオスになったり、ガバナンスがよりキツキツになったり、また違うカルチャーの人達と密にワークしたり、、、貴重な経験だった。一方で、大規模買収を被買収側として経験して、SaaSの界隈は夢がないなぁとも感じたのも事実。Zoomの様に単独でグロースする事もあるけど、Looker, Tableau, Concur, SuccessFactors, Marketo, Github, みんな買収されて大企業の1事業として成長している感じが小さな所からGo-to-marketをしてきた立場としては、ちょっとつまらないなぁと思う。

○更にGo-to-marketに磨きをかけた1年
Salesforceはスゴイなって話なんだけど、長年蓄積してきたノウハウがたまっている組織でもあるので、PlanningやSellingのMethodologyが本当に素晴らしくて、パクりまくった。もちろん現場でのSelling Methodologyもそうだけど、どうGo-to-marketを描くか、Game Planの骨組みをつくるか、Operationをどうつくるか、あたりは今後のSalesのキャリアとして活用していきたい事が沢山だった。この辺りのノウハウについては、買収をきっかけに非常に良い経験・知識習得・実践できた点だったと思う。

○オンとオフのバランスをつくった1年
とにかく色んなことをやるためにコミュニケーションまみれになっていたので、1日の会議の数だけで15件、合間にHuddleで即決めなきゃいけない事を決め、合間にコンテクストまで表現したい時はClipsで動画で共有し、、、毎日色んな所で色んな事を決める屋さんになっていた。ただずーっとデジタルの中でガチャガチャやってるとめちゃくちゃしんどく、会議の合間に15分寝たりとか、夜6時になったら一切会議を入れない(入れさせない)とか、自分が主役ではない時は散歩しながら参加するとか、いろいろ工夫しながらバランスを維持していた感じ。人間は人間らしく生活をしないと。。。

7人のフィールドセールスのみんなと、途中から4人のインサイドセールスのみんなのレポートラインになったんだけど、11人は若い組織においてはかなりキツかった…自分をセカンドラインにして、2人マネージャーを置けたら最高だったんだけど、、、次のチャレンジの時は5ー6人(フィールドセールス・カスタマーサクセス・マーケティング・インサイドセールス・ソリューションコンサルタント)の次期リーダーを早めに採用して、自分が本来集中すべき所に集中したい。。。

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

BusinessTokyo

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください