シンガポール生活その5:NATASのイベントに行ってきた

Untitled
http://natastravelfair.travel
この土日にかけてNATAS(National Association of Travel Agents Singapore)のイベントがチャンギ空港近くのExpoであって、
ちょっと面白そうだったので行ってみた。

イベントにはシンガポール中の旅行代理店や航空会社、旅行グッズ屋、自治体、、、等いろんな会社が出展していた。
因みにイベントのあったExpo駅周辺は名前の通り展示会が行われる施設で正にシンガポールの観光戦略の1つ。
チャンギ空港から1駅なので各国から出張で参加する人にはアクセシビリティは最高。
といっても中心部のイベント会場でも空港からタクシーで30分だからあんまし変わらないけども。とにかく空港から近い施設。

IMG_4560
周りを見渡す限りだと、シンガポール人が家族とかカップルで来てるケースが多かった。
ブースはアジア圏がメイン。日本、韓国、台湾、中国、香港、あたりが多く、
あとはイタリア、フランス、アメリカ、、、小ブースがちらほらあって、個人的にはネパールとウズベキスタンが魅力的(笑)直行便あるし。
でも一番の驚きはその場で商談して即決購入している事!みんな休み取れんのかなー?ってのとよくお金あるなー!ってのが率直な感想。
中にはその場でスーツケースを購入したり、厚着の服を買いそろえたりしている人もいた。すごい意欲。。。

IMG_4562
日本勢はJTBとHISが出店していた他に、観光庁から日本旅行系が受注してオーガナイズした大きなブースもあり。
率直な感想としては、北海道と沖縄はブランドとして確立されているなーって感じ。北海道は雪の都市、沖縄は日本の中の異文化として。
IMG_4572
沖縄だけは完全に独立してブースがあった。これよくわかんないけど現代アートの誰か有名な人?

こないだ某旅行会社の人と話していてなるほどなーと思ったのが、日本の地名の難しさ。ブランドとなった都市・地域名の一人歩き。
東京、大阪、京都、、、と都道府県で認知する人もいれば、東北、九州、、、と地域で認知する人もいればで人様々。
でもその距離感までは外国人も分からないものなので、1日目京都で2日目から九州のプランねー!みたいな飛んだ要望もあるとの事。
勿論日系の情報は結構流れているけど、こういうExpoの機会に『えー日本ってこんなに都市があって意外とでかいんだー』と知ってもらえるといいな。

IMG_4567
地元の秋田は秋田県庁から観光課の方が1名。嬉しいなあー。久々秋田人と話せてほっこりした。
でも正直アジアの旅行先として日本は埋もれているのに、都道府県単位で見ても完全に秋田は埋もれてる感じがした。
何ができて何があるの?と。
国は2020年までに2000万人の訪日観光客を目標にしていて、ビザ緩和、羽田増便、、、土台を固めて来てもらおうと頑張ってるけど、
『まだ受け入れ先の対応が整っていない』と肝心の各まちが対応しきれないと言ってちゃあ困ったもんだ。
とある自治体のシンガポール駐在員事務所の方とお話しした時は、『それでも日本に観光客を送る』と言ってたのが印象的だった。
土台ができてないからまだ早い、土台ができたらようやっと始める、、、
この順番に従う方法ではこっちのマーケットでは勝てない事を強調されてて、
ASEANのマーケットの発展が日本の3倍のスピードであって、あっという間に他国勢に顧客を奪われるからと仰っていた。
自分自身も3ヶ月の在星生活ながら実感していて、社内外の意思決定のスピードに自分自身追いつけてない事があったり、
また他国勢、特に中華系の何が何でも商売する感じの勢いにも圧倒された事があった。
『まずい、完敗だわ。』と悔しさ通り過ごして関心しちゃった事もあった。
なので観光のマーケットにしても何にしても、こっちではとにかくどこよりも早く始めて、修正点があれば直ぐ修正して、
とにかく前進する事が何よりも大事なんじゃないかと自分自身感じている。
因みに致命的だけど、中華系への勝ち方はまだ自分としてのスパっと言える答えが未だ無い。

最後に。
IMG_4569
この台湾のゆるキャラ、いただけない(笑)

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

SingaporeTrip

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください