British Councilの英語学校に通い始めた

31歳にもなって英語学校に通うとか本当に悔しいんだけど、現状打破にはマストなのでついにBritish Councilに通い始めた。
通う事になった背景はこちらから。
https://ge-shi.net/2016/11/ボス、実家のロシアに帰るってよ/

MBAの入学の時に必要なIELTSって英語の資格試験の親元になるくらいしか知らなかったんだけど、英語を通じた教育と文化交流が目的とした非営利の組織らしい。
ちょうど会社の福利厚生で1年間に2000ドルまで学習補助が出るので、今回は実質タダで3ヶ月間通う事になった。でもパートタイム週二回×2時間×3ヶ月で1600ドルってえらい高いと思った(笑)日本円で13万円くらい?
コースが4カテゴリーに分かれていて、下から2番目のコース2のAという基礎ビジネス英語に通い始めてみたけど、内容的には極めてベーシックながら特に自分が嫌な文法とか単語とか細かい表現とかを学習する良い機会になりそう。

ってテキストの中から順に進んでいくんだけど、写真の通りかなりベーシックで(笑)でも本当に分からなかった事沢山だし、”なるほどなー”な単語・表現が沢山でかなり学ばせて頂いております。
クラスは初めの30分が宿題の答え合わせと復習、次のセッション1時間、習熟を高める演習30分、くらいの配分で、教科書は初めと終わりの30分程度かな、ほぼスピーキングとディスカッションベースで結構時間を忘れて直ぐ終わっちゃう感じ。マジカル頭脳パワーばりのiPadを利用した文法・単語クイズとかもあったり、、、って小学校みたい(笑)

生徒は15人程で半分以上が中国人、韓国人×1、日本人×2、インド人×2、インドネシア人×1ってまさにアジアの縮図。中国人の多さに本当にびっくりした。。。中華系ゼネコンのプロマネ、ドイツ系タイヤメーカーのエンジニア、日系システムインテグレーターのエンジニア、韓国語学校教師、中華系船舶ブローカー、英系投資銀行のアナリスト、、高いお金払ってみんな来ているので、結構な企業から来ている感じ。でもみんな同じような悩みというか、シンガポールには既に2ー5年くらい住んでいて、既に英語の環境下で働いているけれども、細かい表現とか文法とかしっかり学びたい系な人たちだった。というか状況同じ(笑)インドの金融アナリストのクラスメイトは仕事のメールで英語表現を間違えて、社内大炎上したのがきっかけで同じ目に遭いたくないから通い始めたと言っていた。スピーキングやリーディングだと自分のポジションは上の方だけど、文法や単語は確実に下の方かな。。。

てな訳で、これからまずは3ヶ月間毎週2回コツコツ英語を勉強して、もう少し英語がキレイに且つかっこよくなるよう通う感じです。おそらく次の3ヶ月も受講して6ヶ月かな。英語圏もしっかり担当できるようになる準備、その先には日本以外のマーケットも担当できると履歴書に書けるための準備だと思って、ぼちぼち小学校に戻った感覚で勉強スタート!

げーしー
  • 2013年から始まった人生ログ。
    自分の振り返りを目的として色々とメモしています。

EnglishSingapore

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください